TOPページ > 利用者の声

プロコール24の利用会社に訊いてみた!

ご好評につき、新規受け入れに制限をかけさせていただいているプロコール24。
大変ご迷惑をお掛けしております。

そこで今回は、皆様の感じているだろうあの疑問――、

「導入を待つだけの価値はあるのか?」

にお応えし、利用者特別インタビューをお届けします!


果たして、同社はプロコール24を使って

どのように収益を上げているのか。

その秘策を伺いました。

本日はお忙しいところありがとうございます!ZEROマネジメントさんは「リノリースCLUB」で有名なTRNさんの管理部門です。プロコール24の“実際のトコロ”をお話しいただきます。本日はよろしくお願いします。

御社は設立当初からのご利用ですが…、
会社を設立される前からコールセンターの利用を検討されていたんですか?
ええ。PMを始めるにあたって
コールセンターの導入は不可欠だと考えていました。
なぜでしょう?
社員に入居者対応をさせるよりも、アウトソーシングしたほうが
業務効率や生産性が向上するのは明らかでしたので。
つまり、空いた時間で「外注」の費用以上に稼げる!と。
はい。(笑)
そうならなければ、ダメだと。
素晴らしいですね~。
私もよくコンサルの中で話すのですが、社員はより生産性・難易度の高い業務(表1/黄色セル部分)を行なって、収益を上げていくべきなんですよね。


その時間をつくるためにアウトソーシングを活用していただきたい。

まさにこれです!
実際、生産性・難易度【高】の業務に注力することで
外注費以上の収益を上げていますから。
ところで、数多くのコールセンターの中から、
なぜプロコール24を選んでいただいたのでしょう?
それは…、今井さんと気が合ったから。(笑)
ありがとうございます!!
このあと飲みに行きましょう!(笑)
…というのは冗談で(笑)、
決定打は「対応範囲の広さ」ですね。
他のコールセンター数社と天秤にかけていましたが、 ここまでやってくれるサービスはありませんでしたから。

そうそう、この一次受付で終わらせないところ!
「電話を取る」ではなく「解決する!」っていうスタンスだから
ありがたいんですよね。
そういえば……、先日の「カラス」もそうです!
ええ、カラス!
「電柱のカラスがうるさいからなんとかしてほしい」ってやつですね。
それです! 管理会社の対応の域を超えていますよね。
でもプロコール24は役所に対処方法を確認して、尽力してくれたんですよ。
入居者様にも満足いただいて。
解約に結びつきかねない案件を丁寧に対応してもらえるので、
本当に助かってるんです。
…ある意味「空室対策」ですね。(笑)

一般的なコールセンターでは追わないところまで追いますからね。
とにかく解決してあげたい、という想いが強い。(笑)
だから案件の92.24%(※)をプロコール24だけで解決できるんです。
(※2014年、主要15社平均実績)
92.24%!
手が空いた分、売り上げを作っていただきましょう!ということですね。
実際に導入してみて、いかがでしたか?
そこなんですよ。私が言いたいことは!
えっ……?(汗)
オペレーターの能力、すごい高いですよねっ!?
各種クレームに対して適切にヒアリングできる力と、
私たち管理会社と対等に話ができる知識!
その両方を持っていることに本当に驚かされました!

ありがとうございます!!
もともと兄弟会社のアートアベニュー(PM会社)の業務効率化を目的に
作られたコールセンター
なので、実はソコが強みなんです。
なるほど。だから現場を熟知していなければできないやりとりがスムーズにできるんですね。
研修にも時間をかけているんですか?
そうですね。
オペレーターとしての研修はもちろんのこと、
管理業務についても一通り学びます。
宅建保有者もいますから!

コールセンターに宅地建物取引士!
すごく心強い!(笑)
そうそう、それにオペレーターの皆さん、
すごく感じが良いんですよ。

はい。
私はいつも「コールセンターを用意している」ってことをウリにして
管理受託の営業を行なっているんです。
その日もオーナーを口説きに訪問していまして…。
ええ。
「コールセンターなんて言っても、どうせ機械的な対応なんでしょ」
とオーナーが言うんですよ。
そういうご意見もあるんですね。
それがちょっと悔しくてですね…(笑)
「当社のコールセンターは違う」ということを分からせたかったので
その場でプロコール24に電話したんです。
オペレーターの齋藤さんが対応してくれたんですが、
これが、とにかく感じが良くて。
そのやりとりをそのままオーナーに聞かせました。

結果は…?
コールセンターの価値を認めてくれまして。
無事、管理を受託できましたよ!
おめでとうございます!
コールセンターは管理受託の際に差別化コンテンツになりますよね。
それを「機械的だから…」と嫌うオーナーさんに対して、
負のイメージを払拭できたことは、弊社としては鼻が高いです。

ええ。
プロコール24はまさに「管理会社のためのコールセンター」ですね。
管理会社本来の収益のつくり方を実践できる。
収益、出てますか?
それはもう!(笑)
それを言ったら御社だって、プロコール24の新規受け入れを
制限している
(※クリックで別ページにジャンプします)
くらいですから……。

儲かっているんでしょう?(笑)

いやいやそんな…。(笑)
またまた…。(笑)
いえいえ…。(笑)

しかし今日は、ZEROマネジメントさんがプロコール24を上手に使っていただけていることが分かってホッとしました。
遠慮は要りませんので、これからもどんどんプロコール24を使って業務効率化・高収益化を実現してください!

はい、もちろんです!
ありがとうございます!
それじゃあ――、業務効率化によって作った時間とお金を使いまして…、





飲みに行きますか!

コールセンターサービスの導入は多くのメリットのある選択です。忙しい貴社の強い味方として、是非プロコール24をご利用ください。 詳しい資料をご用意しております お問い合せ・資料請求はコチラ >>> CLICK!